おいしくて楽しい健康生活!

糖質制限な食生活や食べ歩き、気になるビタミン・サプリメントの話など

プロテインを積極的に生活に取り入れましょう!

プロテインは、アスリートや筋肉をつけたいと筋トレに励んでいる方だけのものではありません。
ダイエット中の方や糖質制限をしている方など、様々な形でプロテインを上手に生活に取り入れている方がたくさんいらっしゃいます。

かくいう私も、
 
・糖質制限を実行している
・無理なくたんぱく質を摂取したい
・とある事情で固形物の食事をとるのが難しく、食事するのに時間がかかるため、食事をプロテインに置き換えている
 
といった事情があり、プロテインを食生活に積極的に取り入れています。
 
なぜプロテインは良いのでしょうか?私の考えるプロテインを取ることのメリットをまとめてみました。

プロテインをおすすめする3つの理由

 1.たんぱく質が豊富!

 一日に必要なたんぱく質の量は、体重キログラムあたりおよそ1グラム(体重キログラムを1.0-1.2倍した数字をグラムに換算)と言われています。
それはなぜなのか?私の愛読しているブログに必要なたんぱく質量についてわかりやすい説明がありますので、ご紹介します。

必要タンパク質量は、評価が甘いアミノ酸スコアではなく、プロテインスコアで換算する。
健康の維持、病気の予防のためには最低体重*1gのタンパク質摂取が必要。
成長期、妊娠授乳期には*1.5gは必要。
慢性疾患からの回復には*2.0gは必要。

超基礎編2019、その3「タンパク質摂取量を把握せよ」 | 精神科医こてつ名誉院長のブログ

基本が体重(kg)と同じグラム数のタンパク質を1日に摂る。

タンパク質は蓄える事が出来ないので毎日、その量を摂る必要がある。

 例えば、体重60kgの人なら、1日に60gという事。

プロテインスコア。タンパク質の必要量の計算の仕方。 | 医師水野のアメブロ

体重約60キログラムの私の場合、一日あたり60グラムのたんぱく質が必要です。
これを食事だけで摂取しようとすると、実はすごく大変です。
<タンパク質60g取るための目安>
* 牛ヒレ肉なら、260g/日
* 鶏ささみなら、9本/日
* マグロの刺身なら、22切れ/日
* 日本そばなら、400g(4杯)/日
 
(引用: 「豊橋ハートセンター ホームページ  https://www.heart-center.or.jp/div04_7_archive/div04_7_0_20170101.html

ほとんどのプロテイン商品には、一食分(およそ20~30グラム)中、15~20グラムのたんぱく質が含まれています。

無理なくたんぱく質を必要量取るのに、これほど便利な食品は他にはないのではないでしょうか?

2.糖質が少ない商品が多い!

  一部の商品(ボディビルダーの方などが体重を増やすバルクアップを目的として摂取するもの)を除き、ほとんどのプロテイン商品の糖質含有量は極めて少ないです。

一食当たり5~10グラム程度のものが大多数だと思います。
糖質制限をしている場合、一食当たりの糖質摂取上限は、およそ20グラムと言われていますので、まったく問題ありません!

3.飲みやすい!いつでも簡単に栄養補給できる!

 私個人的にはこれが一番重要なポイントかもしれません。。
普通の食事というと、やはりそれなりに時間をかけないといけないですが、プロテインであれば、水に溶かしてシェイクして、後はそれを飲んだらおしまい。
非常に簡単です。時間もかかりません。
 
いかがでしたか?
少しでもプロテインに興味がある方に、その魅力をお伝えできれば幸いです。
 
次回はおすすめのプロテイン商品、それにおすすめの飲み方などをご紹介できればと思います。