おいしくて楽しい健康生活!

糖質制限な食生活や食べ歩き、気になるビタミン・サプリメントの話など

糖質制限な食べ歩き(36)炭火焼鳥あずま@関内(横浜市中区)




 

 
このブログでは、糖質制限を中心に健康について考えていきたいと思っていますが、真面目な話ばかりでなく、おいしくて楽しい話題、特に美味しいお店についてもどんどん紹介していきたいと思っています。
今回は関内の人気焼き鳥店 炭火焼鳥あずま をご紹介したいと思います。
 
 

お店の概要

最寄駅はJR根岸線、市営地下鉄ブルーラインの関内駅(徒歩3〜4分)、または地下鉄みなとみらい線の日本大通り駅(徒歩5〜6分)です。関内の飲み屋街の中でも賑やかな場所にあります。

店内は全部で30席で、その内10席がカウンターです。奥行きがあって広々した印象。

カウンターの上には焼酎の一升瓶がずらりと並んでいます。

厨房の中に調理担当の年配の男性が2人、黙々と仕事に集中されています。若い男女3人のスタッフが接客を担当。皆さんレスポンスが良くて対応が丁寧です。
 

メニュー

飲み物のメニューです。焼酎の品揃えの良さが光ります。やっぱり焼き鳥には焼酎が最高ですからね(日本酒も最高ですが。。)。

日本酒のメニュー(左側)。どちらかというと絞り込まれた印象ですが、地酒好きにはなかなか堪らない品揃えではないかと思います。

f:id:osukisuki:20200103071341j:plain日本酒はさらに壁に貼り出されたおすすめメニューもあります。

f:id:osukisuki:20200103071330j:plain
料理のメニューです。炭火焼」は普通の焼き鳥ばかりでなく、フォアグラとか牛たんとか、ユニークな串もチラホラ。日替わりメニュー「本日のおすすめ」も充実した内容で、お客さんを飽きさせないよう工夫している様子が窺えます。

 

飲み物と料理

白州ハイボールでスタート。お通しはキャベツに胡麻油をかけて塩昆布を添えたもの。定番ですね。

 

一皿目はホタルイカの沖漬け。割と普通な感じのホタルイカでした。

 

ささみ酒盗和え。これはなかなか良かった。個人的にキュウリの青臭さはあまり合わないかもと感じました。

 

鯖のへしこ(ぬか漬け)。これは日本酒に最高なものです。

 

思わず日本酒に切り替えです。銀嶺立山 本醸造。大好きな辛口のお酒。

 

いよいよ焼き鳥です。初めにはつ。プリプリの歯応えが心地良い。臭みがなくて美味しいはつでした。

 

続いてかわと白レバ。かわは割と普通。白レバーは柔らかで臭みがなくて、なかなか良かったです。

 

ぼんじりとうずら。うずらは小さいのに半熟になっていて、ちょっと感動です。

 

最後は豚バラで〆ました。

 

まとめ 

お酒の品揃えも好みだし、料理も何を食べてもしっかり美味しいです。
接客も皆さんまだ若いのにしっかりしていて、気分良く食事を楽しむことができます。
何頼んでも割とすぐに提供されるスピードも良いですね。
関内近辺でサクッと美味しいものをつまみながら一杯、という時にはもってこいのお店ではないかと思います。
 
 
炭火焼鳥あずま
住所 横浜市中区相生町2-29 第16須賀ビル 1F
電話 050-5869-6671
営業時間 17:00~24:00 (L.O)22:50
定休日 日曜・祝日
参考ページ