おいしくて楽しい健康生活!

糖質制限な食生活や食べ歩き、気になるビタミン・サプリメントの話など

プロテイン実食レポート(5)「ビーレジェンド プロテイン おしるこ スプーン付き【400g】(WPC)」

プロテイン実食レポートの第5弾です。今回も季節限定シリーズ。ビーレジェンド プロテイン おしるこ スプーン付き【400g】(WPC)」についてご報告したいと思います。
 
 
 

商品概要

 
「ビーレジェンド プロテイン おしるこ」は、このブログでも以前オススメのプロテインとしてご紹介したメーカービーレジェンドから、この秋冬限定で発売されている商品です。
 
メーカー商品ページ 

real-style.co.jp

 
「ビーレジェンド」の商品は品質的にも、味・フレーバー的にも素晴らしい商品が多く、しかもとてもお求めやすい価格帯ということもあり、今もかなり愛用しています。
既にペコちゃん【ミルキー風味】(今一番のお気に入り!)、それと非常に残念ながら既に販売終了となってしまったムキムキ甘栗風味をご紹介していますね。あー。。ムキムキ甘栗風味、また飲みたいです。。
 
今回の「おしるこ」の最大の特徴は、HOTプロテインということで、何と言ってもお湯で溶かして飲むことを前提にしていることです。
冷たい水でも飲むことができるように開発されていますが、プロテインを温めて飲むというのは、かなり画期的ですよね。
今シーズンの「HOTプロテイン」は、他にも「コーンスープ(既に販売終了のようです)」、それに何とみそ汁(!)のフレーバーが用意されています。
 
今回は一番のお気に入りの「ペコちゃん【ミルキー風味】」と一緒に、ビーレジェンドの公式通販サイトで購入しました。サイズは400グラムの1種類だけのようです。
 

商品パッケージの表側です。いつもの「ビーレジェンド」のプロテイン商品とは異なり、「おしるこ」らしく和風で落ち着いたデザインです。
 

「ペコちゃん【ミルキー風味】」の1キログラム版と大きさを比較してみます。やはり400グラムと言うことでかなりコンパクトなパッケージです。
 

パッケージの裏側です。
 

いつものようにパッケージの裏側を拡大してみましょう。
1食あたり(製品30グラム)に含まれるたんぱく質は20.8グラム。「ムキムキ甘栗風味」と全く同じたんぱく質含有量です。
炭水化物は1食あたり5.4グラム。こちらも「ムキムキ甘栗風味」と全く同じ。若干糖質多めですが、合格ということにしましょう。。
 

同梱されている計量スプーンです。左の大きな新しいタイプのスプーンは「おしるこ」のもので、「ペコちゃん【ミルキー風味】」はまだ右の古いタイプの小さい
スプーンでした。近々切り替わるみたいですが。
前回の記事で「新しいスプーンの方が良い」といった主旨のコメントをしましたが、実際使ってみると良し悪しがありますね。。
 
確かに新しい大きいスプーンだと、1食分を1回で計量できるのですが、パッケージの中のプロテインの量が少なくなってくると、スプーンが大きすぎてプロテインがすくいにくくなります。古いタイプの小さいスプーンは、1食分で4回計量が必要ですが、コンパクトなのでプロテインが少なくなっても、すくいやすいです。
ということで、少し計量が面倒ではあるものの、実は古いタイプのスプーンを愛用し続けています。
 

実食レポート

 

それでは早速1杯いただきましょう。
パッケージを開けたところです。プロテインの粉はまさに「おしるこ」のようなあずき色です。
パッケージは相変わらずファスナーがしっかりしていて取り扱いしやすいです。相変わらず最初に開封する際のミシン目が無くて、ハサミやナイフで切れ目を入れなければならないのが若干面倒ですが。。
 

1食分30グラムのプロテインに対して冷たい水400ccの水を溶いてシェイクしたところです。まさにおしるこのような色合いです。水溶けはいつも通り素晴らしいです。
「HOTプロテイン」なので、いずれ温かいお湯で割ってみたいと思いますが。。今回は冷たい水で試飲です。。
味はなかなか美味しいものでした。まさにおしるこの味そのものと言っても過言ではないでしょう。しっかりあずきの香りと味を感じます。
冷たい水の後、冷たい豆乳で割って飲んでみたのですが、ほとんど味に変化がなかったのが面白かったです。普通豆乳で割った方がまろやかでリッチな風味になるのですが、あずきの香りと味というのは、それだけインパクトがあるということなのでしょうか。。
 

まとめ

 
なかなか美味しい商品でした。たんぱく質含有量や糖質の少なさなど、栄養的に見てもバッチリですので、おしるこ等、あずきを使った料理やお菓子が好きな方にはおすすめです。
この商品も季節限定販売で、既に在庫も少なくなっているみたいなので、気になる方は早めに公式ホームページをチェックすることをおすすめします!