おいしくて楽しい健康生活!

糖質制限な食生活や食べ歩き、気になるビタミン・サプリメントの話など

糖質制限な食べ歩き(19)ガネーシュ@能見台(横浜市金沢区)

このブログでは、糖質制限を中心に健康について考えていきたいと思っていますが、真面目な話ばかりではなくて、おいしくて楽しい話題、特に美味しいお店についてもどんどん紹介していきたいと思っています。
今回は横浜・能見台の南インド料理の名店「ガネーシュ」をご紹介したいと思います。
 
 

お店の概要

 

最寄り駅は京急の能見台駅。京急沿線では屈指の高級住宅街として知られます。駅から徒歩2~3分とほど近い、能見台の目抜き通り沿いの便利な場所にあります。すぐ近くには野球で有名なあの横浜高校もあります。
 

店内は奥行きがあって結構広いですが、テーブル席のみで16席ほどとゆったりしたレイアウトです。寛いで食事を楽しめます。
オーナーシェフとフロアスタッフの女性お二人で切り盛りされています。
 

メニュー 

メインとなるカリーとスープ&ライスのメニュー。
 

お酒のメニュー。
 

そしてランチメニューです。
 

ランチタイムのドリンクメニュー。
 

通常のメニューの他に用意されている読み物がとても面白いです。こちらは南インド料理とガネーシュの料理についての説明。南インド推しであることがすごく強調された内容ですね。
 

ミールスの食べ方の説明。何度読んでも面白いし、勉強になります。
 

飲み物と料理

 

今回はランチでの訪問ということで、「スペシャル・ミールス」を注文しました。左下から時計回りにマトンカリー(通常のベジタブルカリーを200円プラスで変更)、チキンカリー、キーマカリー、ラッサム、スパイス煮玉子、パパド。ライスはこちらも通常のお米から200円プラスでバスマティライス(インド米)に変更です。真ん中は玉葱のアチャール、ボリヤル(野菜のおかず)、ココナツチャツネ。
まず初めにラッサムを一口いただきました。この店の名物のトマトスープですが、胡椒がたっぷり効いて私にはかなり辛口ながらも、久々いただいてもやはり最高に美味しいラッサムでした!いくらでも飲める感じです。ディナーだと確かお代わりできるんですよね。。ランチなので我慢しました(笑)。
カレーもそれぞれやはり見事な旨さです。特にマトンカレーのスパイスの香りとマトンの旨味が絡み合った
複雑な旨さは、他ではなかなか味わえない素晴らしいものではないでしょうか。マトンは決して臭みはなくて、羊が苦手な人でも全然イケると思います。ただ私にはマトンの肉自体は若干硬くて。。少し苦労しましたが。。
それぞれの料理を少しずつ単品で楽しんだ後、最後はカレー全部、ココナツチャツネやボリヤルなど付け合わせも一緒に混ぜ混ぜして楽しみます。至福の時間!見た目はあまりよろしくありませんが、やはりミールスは混ぜ混ぜすることで、料理それぞれ単品でいただくより味が複雑になり、旨さが倍増します。カレーや付け合わせをどの程度混ぜ合わせるかで、絶妙に味が変化していくので、全く飽きることなくその変化を楽しみながら食べ進めていくのが何とも幸せです。手食すると更に美味しくなると上級者の方は仰いますが、まだ初心者の私にはハードルが高いですね。。
 

まとめ

 
本当に久々の訪問となってしまいましたが、相変わらずさすがの美味しさでした。日本の南インド料理店の草分け的存在、伝説的な麹町「アジャンタ」出身だったという旦那様のご遺志を継いで、奥様が素晴らしい腕前を披露して下さいます。とても気さくな方で、この日はお話しできませんでしたが、前回は「他にどんな南インド料理店に行くの?」とか、「都内だとここもオススメ」みたいな話で盛り上がったことを思い出します。「アジャンタ」繋がりの人脈だと思いますが、南インド料理店についてとてもお詳しそうな様子でした。ぜひご訪問の際は思い切って話し掛けてみてはいかがでしょうか?楽しい時間を過ごせると思いますよ。
横浜ではまだまだ貴重な南インド料理の店ということで、これからもお世話になると思います。これから寒い時期になると秋冬限定の「オイスターマサラ」も登場しますので、また近いうちに今度はディナーでお邪魔したいと思います。
 
ガネーシュ
住所 横浜市金沢区能見台通8-5
電話 045-306-7796
営業時間 ランチ 11:30〜14:30 (14:00 L.O) 閉店 14:30〜17:00 ディナー17:00〜21:00 (20:00 L.O)
定休日 水曜日
公式ホームページ
参考ページ